トイレ詰まりの原因は様々【業者に依頼することで原因を明確にする】

記事リスト

二次被害を避けよう

トイレ

異物で処置が異なる

トイレのトラブルに多いものにトイレ詰まりがあります。落としてしまったものによって対処法が変わるため、慌てずに段取りを考えましょう。慌てるとつい行ってしまうことに、水を流すためにレバーを引いてしまう行為があります。配管に詰まった異物により水が溢れてしまう恐れがあるため、一番避けなくてはならない行為です。トイレ詰まりが発生したら、まずタンク横に付いている止水栓を閉めましょう。水道管の途中にマイナスドライバーで動かすことのできるつなぎ目が止水栓です。時計回りに回すことで水の流れを止めることができます。次に、異物がどのような大きさや重量か把握しましょう。押し込むことにより下水道内へ流すことができるものなのか、配管を辿って引き抜かなければならないものなのかで対応が変わります。紙や布の場合には、異物を動かすことでトイレ詰まりが解消する場合があります。緊急の対処法としてスッポンと呼ばれる吸盤を使用し、異物を動かしてみましょう。使用する前には水が飛び跳ねないようにビニールで覆い、中央に穴を開けてスッポンを通します。水の溜まった部分に強く押し当て、引き抜いた力を異物に伝える事で紙や布の場合には詰まりが解消することがあります。これが重量のある異物や配管のサイズ以上のものの場合には、スッポンを使用しても解消しません。特殊なワイヤーを配管へ通し、異物に引っかけて引き抜く対応を行います。ホームセンターでもこの特殊なワイヤーを探すことはできますが、トイレ詰まりに長けた専門家へ依頼することで二次被害を避ける事ができます。